世の中に性病の治療薬は沢山ありますが、性病の種類によって使うべき治療薬は変わってきます。効果的な治療薬を見つけましょう。

たくさんの薬

性病治療薬としては細菌によるものかウイルスによるものかによって異なります。
クラミジアや梅毒、淋病などのような細菌性の感染症の場合は基本的には抗生物質が投与されて、HIVやヘルペスなどのウイルス性の感染症の場合は抗ウイルス薬が投与されます。
この抗生物質の中でもアモキシシリンは細菌感染に強いことが知られています。
アモキシシリンは梅毒の治療薬である、サワシリンやノバモックスなどに配合されています。

カンジダはカビが原因なので抗生物質ではなく、抗真菌薬が投与されるのですが、カンジダはもともと体に存在している常在菌なのでセックスだけが原因ではありません。

梅毒は日本でも増加傾向にある性病ですが、世界最古の性病とされるほど古いので、感染者が少なくなっていたのですが、ペニシリンなどの従来の抗生物質が効かない耐性菌が増え始めているので、感染者が増加しています。
また梅毒はHIVとの関連性が高いとされていて、梅毒に感染している人の多くがHIVにも感染していることから、性病科などを受診すると梅毒とHIVの検査を同時に行うこともあります。

クラミジアは若い女性に多い性病の一つで、症状が出ないことが多いので、気が付かないまま感染が広まるのが特徴です。
クラミジアは咽喉炎や尿道炎、膣炎などの症状が出るのですが、痛みなどが軽い場合が多いことから放置されることが多くなっています。

また感染症であることに気が付かずに耳鼻咽喉科や泌尿器科を受診して抗生物質を投与するとそのまま完治するので、実際にはデータよりも多くの感染者がいるとされています。

梅毒は非常に感染力が強いので、キスやセックスだけでなく、コップの使い回しなどでも感染するリスクがあります。
最初の段階では太腿などのリンパ節が腫れる程度ですが、全身に病原菌が広がると関節炎やゴム腫などができて、感染してから10年程度で神経症状や認知症などが起きるとされています。

ツールバーへスキップ ログアウト