世の中に性病の治療薬は沢山ありますが、性病の種類によって使うべき治療薬は変わってきます。効果的な治療薬を見つけましょう。

  • ホーム
  • 性病にはオーラルセックスでも感染したり足に痛み

性病にはオーラルセックスでも感染したり足に痛み

カプセルのスプーン

性的交渉で感染するものである性病ですが、性器と性器による性交渉のみで感染するものと誤解されている方は少なくありません。
性器による行為さえ気をつけておけばいい、と思っていると思わぬところから感染したり、また、感染させてしまったり、という例は増加傾向にあります。
これは性的嗜好が多種多様化したことも要因の一つで、オーラルセックスなどは一般的な行為となっています。
しかし、オーラルセックスでは感染しないだろうということは間違った認識です。

例えば、女性器への感染は主に粘膜に菌が付着し繁殖することは知られていますし、男性器への感染は性器そのものに症状が出るというのが一般の認識でしょう。
しかし、オーラルセックスを行う口腔内粘膜も実は性病に罹患しやすい部位であり、性交渉をそのものではなくとも感染するリスクは高くなります。
性器同士の交渉では避妊具などを用いても、オーラルセックスの場合は用いない、という例も少なくありませんので、実際は性器からによる感染以上にそのリスクが高いと申しても過言ではないでしょう。

また、性病の症状は性器にのみ見られるものではなく、例えば足の痛みなどが梅毒などの性病の症状であることも考えられます。
性器に異常が見られなくともそうした形で症状が出ることもありますので、性病感染する行為に心当たりがある場合にはすぐに専門家などに相談し、診察を受けることが重要となります。
性器に症状が見られる場合には明らかに性病を疑うでしょうが、足の痛みの場合など性器に症状が出ていない場合には知らず知らずのうちにパートナーなどに感染させてしまうことがあります。
体に異変を感じ、また、心当たりがある場合には性的交渉は避け、早めに治療することが重要であると申せましょう。