世の中に性病の治療薬は沢山ありますが、性病の種類によって使うべき治療薬は変わってきます。効果的な治療薬を見つけましょう。

  • ホーム
  • 温泉でも感染する性病の病原菌とは

温泉でも感染する性病の病原菌とは

性病は基本的には性行為による感染がほとんどですが、稀に温泉の様な公共の場から感染する場合があり、その例としてトリコモナスが挙げられます。

トリコモナスは膣トリコモナス原虫の寄生によって起こります。
膣と表記されているので女性だけの性病だと思う人もいるかもしれませんが、尿道や膀胱にも感染するので男性にも感染し症状を起こす可能性があります。
残念ながら男性も女性も多くの場合は自覚症状がないとされているので、多くの人が気付かないとされています。
しかし女性は症状が男性よりも比較的出やすく、匂いの強いおりものが増えたり、おりものが泡のようになったり、外陰部や膣に強い痒みが出たりします。
女性側にこのような症状が出たら、パートナーと一緒に医療機関を受診すると良いでしょう。

顕微鏡で調べ、トリコモナス原虫が運動しているかどうかを確認しますが、仮に陰性の場合は培養を行い病原菌の増殖を確認することもあります。
トリコモナスは性交渉でも感染するので、どちらか一方が治療を行うだけでは意味がなく、2人で同時期に治療をし一緒に治療を終わらせることが重要です。
内服液や膣錠等、症状によって治療を行いますが、男性は内服液のみとなります。

温泉の様な多くの人が出入りする様な場ですと、トリコモナスに感染している人が使った浴用の椅子や浴槽の淵などから感染する可能性があります。
性病に感染し症状が出ると、パートナーの浮気を疑う人もいます。
実は性交渉以外にも感染源と引き起こす性病があるという知識を持っておけば無駄な喧嘩をせずに済むかもしれませんし、症状が出ても焦らず、医療機関を受診することも出来ます。
違和感を感じたら早めの治療を2人で行うように心がけましょう。